セカンドオピニオン

前回、スッキリしない診断と書きましたが、その後も考えれば考えるほど腑に落ちないことも多く、色々相談に乗ってくれていた梅ハルしおんのママさんの後押しもあり、結局いつも診てもらっているかかりつけの先生にセカンドオピニオンをしてもらいました。

最初に診てもらった病院からレントゲンを借り、もるーさんを連れてかかりつけの病院へ。

まずはお話を聞かせてくださいとのことで、経過や疑問点などを話し、診察も検査もじっくりしてくれました。

・レントゲンの胃部膨張
 胃がありえないほど膨張している。排便していない状態で撮影したとしても異常だ。と言われた事について
 
・レントゲンを診ると確かに膨張しているが、経過(前夜から排便がない状態で撮影している事)と生活習慣(日中は飼い主不在のため最低限の食事しか摂らずほとんど寝ていて活動していない。休日もそのスタイルは変わらない)を聞いた感じから異常とまでは言えない。
・夜間は食欲も排便もあることからうっ帯ではない。
・詰まっていたら昼夜問わず食べられなくなります。
・日中の食欲低下が気になるようなら、食欲増進剤(プリンペラン)を処方して様子をみましょう。お薬で食欲が出るようなら、胃の動きが少し悪くなっていたのだと思います。

・レントゲンに子宮が写っていない
 胃が膨張しすぎでレントゲンに子宮が写ってない。子宮に異常があるかはわからないと言われた事について

・モルモットの子宮は小さいので、子宮に異常(腫れていたり、血液が溜まっていたり)がない限りはレントゲンには写らないこともあります。子宮が腫れたりすると肥大するのでレントゲンに写ります。
レントゲンで子宮が見えないのは胃が膨張しているからというわけではありません。通常ありえることです。

かかりつけの先生にもエコー検査・尿検査・念のために糞便検査をしてもらいました。

・エコー検査
 エコー検査で膀胱に黒い影があり、それがポリープなのか血だまりなのかはわからないと言われた事について

・そもそもエコー検査では膀胱は黒く写ります。黒い影というのが何のことだかよくわかりません。
・結石や血液は色が白く写ります。
エコー検査はその場で、私にもよくわかるように画面で説明しながら15分程かけてじっくり診てくださり、異常がない事がよくわかりました。もちろんポリープや血だまりなんてありませんでした。

・尿検査
 血尿してから3日後の尿検査で潜血は無くなったが蛋白が出ているから腎臓が悪い。治療はしたほうがいいと言われた事について

・確かに蛋白は出ているけど、今まで(健康診断の時など)も出たり出なかったりしているし、気になるほどの数値ではありませんので、腎臓が悪いとまでは言えません。おしっこの濃さも正常なので問題ないでしょう。

・糞便検査
 虫などいません。異常なし。

・その他
 血尿・通院してから日中の排便が少なく、便の色も茶色に、大きさも一回り小さくなった。日中の排便がない日もある。
 急激な暑さ・通院ストレス・発情期と色々タイミングが重なっていることもあり、治療するべきか判断に迷っている。
 3日前から乳酸菌を与え始め、少しずつ改善されてるのでもう少し様子を見てもいいのかも・・・

→頓服で食欲増進剤(プリンペラン)を処方するので、食欲低下が気になるようなら飼い主の判断で与えてOK
乳酸菌との併用も問題ありません。


以上、備忘録として残しておきます。

えーっと・・・もう・・・絶句です。
子宮が見えない~だとか膀胱に黒い影が~とか、こんないい加減な診断だとは思いませんでした。
黒い影って何だよ!膀胱そのものの事なのか!?(怒

この1週間、最初の病院で言われた事にショックを受け、
「この子、こんなに元気なのに本当は具合が悪いの?ポリープなんて・・手術になっちゃうの?」と
毎日クヨクヨしてました。
胃の膨張や膀胱の影については‘お腹開かないとわからない’とまで言われて、すごく怖い思いをしました。

私は、飼い主の直感や感じた変化は割と正しいと思っています。
毎日毎日一緒にいてお世話して、少しの変化だって気付く事ができるのは飼い主だけ。
獣医さんは動物の生態や病気についてはスペシャリストだけど、もるーさん個体に詳しいわけではありません。
なので、獣医さんに全てをお任せするのではなく、あくまでも一緒に考えて治療をしていただく存在として頼らせていただいています。
そう強く思っていたはずなのに。
セカンドオピニオンしたところで、きっと同じ事かもしれない・・・だって獣医がそう診断してるんだもん・・・と思ってしまいました。
獣医さんの言葉に、自分の信念や直感も揺らいでしまうほどの影響を受けてしまいました。

自分にとって安心できることだけを言ってくれる診断が正しいとは思ってないし、そんなことは望んではいませんが、今回は毎日もるーさんをストーキングしている私が感じた事とかかりつけの先生の診断が合点がいきました。
やっと納得ができ安心することもできました。


血尿は自然治癒したのにまさかこんな事になるなんて。
お出かけ大嫌いなもるーさんには本当にかわいそうな事をしてしまいました。

もるーは
その後、私の不安が解消されたと共に日中の排便量も増え、
ずっと
茶色くて不ぞろいだった黒豆さんも改善されてきています。
おげんきなんでしゅけどね・・・
飼い主の不安な気持ちも伝わってしまってたんでしょうかね。
嫌な思いたくさんさせてごめんね。



※前記事のコメントは後日返させていただきます。

ふんだりけったりなもるーさんにぽちっとお願いします
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

えーー(o_o:)
なんなんだ最初のお医者さんは(汗)
不安を煽るだけ煽って...
ポリープやお腹開かなきゃ分からないないとか、そんな事簡単に言わないで欲しい。
病気も手術も、飼い主にとって身を切られるほど辛い事なのにね…>_<…
分からない、できない、ハッキリ言ってくれるお医者さんはまだ良心的なんだなぁ...
色々考えさせられながら読みましたm(_ _)m

ヒロさんももるーさんも大変だったね。
でも!もるーさんが回復してきてよかった(*^_^*)!!
モリモリ食べてるお写真を見れて嬉しいです!
あとちょっと、全快までファイトーーー!

No title

思い切ってセカンドオピニオンをもらってよかったですね^^
>私は、飼い主の直感や感じた変化は割と正しいと思っています。
この点はげしく同意です。
ヒロさんが、この体験をシェアしてくださったことで、
私も自分の飼い鳥に納得のいかない診断をくだされたときは、
セカンドオピニオンを受けようと思いました。
もるーさんも自然治癒して、野菜サラダを食べられてよかったです。

No title

セカンドピニオンしてもらって、不安が解消された様で
よかったです。
わたしも前記事を見て、『えー、もるーさん、大丈夫』と心配していましたけど、
この記事を見て、ほっとしてます。(^^ゞ

No title

はじめまして
モルモットブログにコメントを書くのはここで3ヶ所目です
ちなみに閲覧したのは梅ハルしおんママさんの所の次の2番目です
心痛でしたね。心中お察し申し上げます

私はいっつも動物園に行ってモルモットふれあいに行っています
早くモルモット飼いたいです
飼ったら病気にならないように今、一生懸命勉強しています
モルモットの病気をすべて調べて予防を施し、快適なモルライフを送れるように飼い方を本やインターネットで調べています

もるーさんが、いつも食べる寝る遊ぶをして下さるよう想っています
そしてもるーさんの日記の続きを見せてください

No title

動物病院の看板を掲げていても、基本がわかっていない先生もいるなんて、、、怖いですね。
私は、前に犬を飼っていたのですが、長年の先生が亡くなってから近くの先生に診せるようになったのですが、投薬に点滴・強く手術を勧められ、、、
日々具合が悪くなるばかりでした。
他の病院にセカンドオピニオンを求めたのですが、結果は腎臓の寿命が近いので治療は勧められませんでした。
知人にも血液検査の結果お見て貰ったところ、同じ意見でした。
人間も動物も、納得が行くまで、いろんな病院&人に意見を聞きに行くものですね。
でも、大事に至らなくて良かったです。

セカンドオピニオン

して、本当に良かったですね!
ヒロさんの不安な気持ちとてもよく分かります(´Д` )
手術やお腹を開くなど、医師には日常な会話でも私達には不安になる言葉です、いくら獣医の免許あっても、飼い主の立場に立ってお話が出来ない医師にはもう大事なモルは見せたくなくなりますよね。。
でもかかりつけの病院があって、そちらに行って安心出来て本当に良かった!(*☻-☻*)
もるーさんって本当に表情豊かでかわいー(*☻-☻*)です♬

こばさんへ

もうねーホントに酷いでしょ。誤診の域だよね。
話をするたびに不安を植えつけらたよ。
「ポリープだったらお腹開かないと。今何歳?3歳ならまだ若いし大丈夫でしょ。」って簡単に言われて、ちょっとちょっとちょっとーーー!!ってなった。
もうこの病院には行かないけど、こうやって何も言わずに去ることで
あの先生は何も気付かずに診療を続けて行くのか・・・とも思う。
何も変える事はできないけど、せめて、こんなこともありうるから気をつけてって言うメッセージを発信できたらと思って。

ココさんへ

本当にセカンドオピニオンしてよかったです。
あのまま最初の病院に行き続けてたらと思うとゾッとします。
セカンドオピニオンをするにあたって、「自分に都合のいい答えが欲しいだけなんじゃないか、病気という現実を見たくないだけなんじゃないか」と悩みましたが、やっぱり自分の直感を信じて正解でした。
この体験を発信することで、ペットの病気や治療に悩んでいる飼い主さんのヒントになればと思います。

yukazuさんへ

私の不安も解消されたし、なにより余計な治療を避けられて
本当によかったです。
しなくていい治療をして、もるーさんに辛い思いをさせてしまうところでした。

名無しさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
モルモットお迎え予定なのですね。
今回のように大変なことや悩まされることもたくさんありますが、
それ以上に大切なものを与えてくれる存在です。
いい子と出逢えるといいですね。

ミルモモママさんへ

本当にまさかです。
電話でもちゃんと問い合わせて行ったのに、
こんなに解っていないなんて。
なんかこの先生モルモットの事全然わかってないって感じた(言ってる事がうさぎの診療に当てはまると思いました)んですが、でもペットショップの店員さんが教えてくれた病院だし、エキゾだって診てる先生だし・・・って、解ってないって事が信じられませんでした。
でも、何かおかしい。なんでどんどん状態が悪くなるの?って思っても、
獣医の指示に従ってしまう飼い主さんはとても多いと思います。
ペットの病気で頼りになるのは自分以外は獣医さんだけですから。

でも今回の事で改めて、この子にとって頼りになるのは自分だけというのを痛感しました。
おかしいと思ったら、その直感を信じて対処できたらと思います。

ひまわりさんへ

思い切ってセカンドオピニオンして本当によかったです。
セカンドオピニオンもかなり迷っていたのですが、モル飼い仲間さんの後押しもあって、ほかでも見てもらおうと決心できました。
こんなときに相談できる仲間がいると、本当に助かります。
自分ひとり悩んでいたらいつまでもウジウジしていただけかもしれません。
大変な目にあってしまいましたが、もるーさんに何事もない事がわかって
本当によかったです。
ご心配頂きありがとうございました。

ご紹介

ヒロ

Author:ヒロ
      飼い主
(絵はイラストレーターの友人作画)


      るも
台湾生まれセンター北出身♀
moroom2代目工場長新任

まったり~
     もるー
台湾生まれ海老名出身♀
moroom創始者・初代工場長
2015.10.11お空にお引越し

るもちゃんはいくつ?
Twitter ヒロ・もるー
飼主ともるーさんのつぶやき
Twitter moroom
moroom
リンク
カテゴリ
新しい出来事
更新した日
ブログ内検索
飼い主へメールを送る

名前:
件名:
本文:

きてくれてありがと
遊んでね
こめんと
月ごと